平成23年3月11日(金)午後14時46分。未曾有の東日本大震災。

真っ黒い波と煙が立ちながら街を飲み込み、あの時間まで平常だったことが一瞬で非常になり、多くの命と涙と住み慣れた町が一瞬で失ってしまいました。

あの時、右をみても左をみてもあったものが無くなって、パニックになり、たくさん泣きました。

その後、全国各地から災害支援に駆けつけてくれた皆様から、数えきれないほど、たくさんの御支援を頂きました。

そんな中、地元民として、これまで住んできた地域への恩返しをしなければならない!と思い立ち慰問プロジェクトを立ち上げ活動しているうちに、これまでお付き合いがなかった九州・関西・関東など他方面との交流が始まり、双方行き来するようになりました。

まさに、【人と人のつながりの輪・人のチカラ!】です。

 

これまで支えて頂きました皆様に深く感謝いたします。